指定介護予防支援事業

市町村に要介護認定を申請し要支援1、要支援2と判定された方を対象にその要支援の状態の悪化防止や予防介護サービスの卒業を目指して介護予防サービスの利用の手続きや調整、給付管理を行ないます。
一般的によく利用される介護予防サービスは、介護予防訪問介護(ヘルパー)介護予防通所介護(デイサービス)介護予防通所リハビリテーション(デイケア)他に13種類のサービスがあります。