包括的支援事業

総合相談支援業務

地域の高齢者が慣れ親しんだ地域で安心してその人らしい生活を一日でも長く続けられるように、どのような支援が必要かを考え、地域にある適切な保健、医療、福祉、介護サービス、機関または制度につなげる支援を行います。

具体的には

  • 様々な手段により地域の高齢者の心身の状況や家庭環境について実態を確認し支援が必要な高齢者に対して適切な機関や制度、サービスをつないで必要であれば継続的に支援します。
  • 支援を実施する為に地域ぐるみで高齢者を支えるネットワークを構築します
  • 高齢者見守りネットワーク事業で高齢者世帯を訪問し、民生委員などの関係機関と連携しながら現状を把握していきます。
  • 支援が必要な高齢者に対し予防介護・要介護サービス、在宅高齢者等サービスなどを利用する為の代行申請などの支援をします。また利用者の立場に立ち保健福祉サービスの利用調整をします。介護保険制度改正に伴う相談にも応じます。
  • 機関紙、パンフレットの配布や出前講座を行うことで地域包括支援センターや高齢者等へのサービスについて広く知っていただきます。
  • 認知症サポーター養成講座を開催します。
※ 地域で生活する上で支援が必要な高齢者を早期発見する為に普及啓発活動を行いネットワークを作り支援していきます。

権利擁護業務

地域の住民や民生委員、介護支援専門員等の支援だけでは十分に問題が解決できない、適切なサービス等につながる方法が見つからないなどの困難な状況にある高齢者が地域において、安心して尊厳のある生活を行うことができるよう、専門的・継続的な視点からの支援を行っていきます。

具体的な活動として

  • 高齢者虐待や消費者被害、認知症などによる生活を脅かす問題について機関誌やパンフレットの配布、出前講座の開催を行うなど、地域の皆様に理解していただくための啓発活動を行っています。
  • 地域の方々とつながりもち、ネットワークを作り、高齢者の生活を脅かす、高齢者虐待や消費者被害の相談・通報を受理したら専門性をもって迅速に関係者の方々と連携しながら支援を行っていきます。
※ 高齢者を脅かす困難な問題には、複雑な問題が多く生じている可能性があるため、包括内部職員である、保健師・主任介護支援専門員・社会福祉士の3職種のほかに、医療機関・法的機関などといった関係機関とつながりをもって、適切な支援を行っています。

包括的・継続的ケアマネジメント業務

地域の高齢者が慣れ親しんだ地域で暮らし続けることが出来るように、介護支援専門員、主治医、関係機関と連携します。在宅と施設の連携など地域のおいて色々な職種の関係者と連携することによりひとりひとりの高齢者の状況に応じて総合的に切れ目なく支援していく為の(包括的・継続的なケアマネジメント業務)地域における協力体制をつくります。また介護支援専門員へも支援等をおこないます。

具体的には

  • 地域で働いている介護支援専門員を対象とした各種研修会、懇談会、事例検討会を開催しスキルアップや協力関係を構築します。
  • 地域の介護支援専門員が困った時や悩んでいる時には相談に応じ一緒に問題を解決します。
※ 地域の主任介護支援専門員等と協力して様々な職種の関係者へいつまでも暮らし続けられる街づくりを意識した研修会を開催しています。

総合事業について

函館市基本チェックリストの記入内容が事業対象の基準に該当した者(以下「事業対象者」という。)に対して、日常生活支援を目的として、その心身の状況、置かれている環境その他の状況に応じて、その選択に基づき、訪問型サービス、通所型サービスの手続きや調整、給付管理を行います。(平成29年4月1日から実施)

具体的には

  • 心身の状況等を把握するための函館市基本チェックリストを実施。
    厚生労働省の定めた25の質問項目により生活機能の低下等を判定します。
  • 事業対象者として該当し、サービスの利用にあたっては、介護予防ケアプランを作成する必要があります。

依頼にあたっては契約が必要となります。

地域ケア会議推進業務

地域の高齢者が慣れ親しんだ地域で暮らし続けることが出来るように、介護支援専門員、主治医、関係機関と連携します。在宅と施設の連携など地域のおいて色々な職種の関係者と連携することによりひとりひとりの高齢者の状況に応じて総合的に切れ目なく支援していく為の(包括的・継続的なケアマネジメント業務)地域における協力体制をつくります。また介護支援専門員へも支援等をおこないます。

地域包括支援センターでは、地域の関係機関が集まり、二-ズや課題を共有し、その解決に向けて話し合いを行う「地域ケア会議」を開催しています。
地域包括支援センターで行っている地域ケア会議とは、地域課題発見機能型と個別課題解決機能型のケア会議に大別されます。

  • 個別課題解決機能のケア会議は、個別(個人)のケース検討会になります。対象者が地域で安心して生活していくことができるために関係者がどのように関わっていけばよいか・・等々の検討を行っております。
  • 地域課題発見機能のケア会議は、地域の中で課題となっている事柄について、地域の関係者達が課題解決についての方策等の検討を行っております。
  • 個別課題解決のケア会議も地域課題発見のケア会議でも、共通して挙げられている課題として「孤立や孤独」「関係希薄」「独居・高齢者のみ世帯の増加」「認知症」という点がありました。
    それに対しての方策として、地域での見守り体制ができれば・・緊急時の連絡や連携体制ができれば・・もっと認知症のことを知らなければ・・といった声が挙がっていました。