法人概要 外来・入院のご案内 各部門のご案内 在宅介護・施設
外来・入院のご案内
外来
リンク 外来診療表
リンク 受付時間・診療科目
リンク 診療科のご案内
リンク 禁煙外来
リンク ボツリヌス療法
リンク デュピュイトラン拘縮の治療
リンク 病院までの交通手段
リンク 生活習慣病の予防について
入院
リンク 回復期リハビリテーション病棟
リンク 一般病棟
リンク 障がい者施設等一般病棟
リンク 入院の手続きについて
リンク 入院生活に必要なもの
リンク お部屋について
リンク 外泊について
リンク 入院中のお願いについて
リンク 入院中のリハビリテーションについて
リンク 付添い・面会について
リンク 西堀病院の美味しい食事
リンク 食事について
リンク 医療・介護相談
リンク 寝具・洗濯
リンク 非常時の避難
リンク 退院手続き
リンク 入院費用

生活習慣病の予防について

加齢や遺伝的な要因だけではなく、不適切な食生活・運動不足・過度の飲酒・喫煙・ストレスといった生活習慣の歪みから高血圧・高脂血症・糖尿病などの患者さんが増えており、これらの病気を「生活習慣病」と呼んでいます。
血圧、肥満、糖代謝、脂質の4項目については、毎日の生活改善が最も重要と言えます。

生活習慣病予防のためのポイント

  1. 腹八分目で肥満を防ぎましょう!
  2. 野菜や海草、豆・大豆製品をたっぷりと!
  3. 魚料理を食べよう!
  4. 脂質の取りすぎに注意!
  5. 塩分は控えめに!
  6. こまめに歩く習慣を!
  7. 禁煙に努めましょう!
  8. 過度の飲酒は要注意!週に2日は休肝日を!
  9. ストレスをためないようにしましょう!

予防のためのアドバイス

1.腹八分目で肥満を防ぎましょう!

肥満はインスリンの働きを悪くする、動脈硬化を引き起こすなどの生活習慣病のもととなります。早食い・ながら食い・まとめ食いは食べすぎのもととなり、肥満に繋がります。食事はゆっくり味わって食べましょう。

2.野菜や海草、豆・大豆製品をたっぷりと!

野菜や海草、豆・大豆製品は、食物繊維がたくさん含まれています。食物繊維には糖質や脂質の吸収を遅らせて満腹感を持続させる作用があります。又、腸内のコレステロールを吸着して便と共に排泄し、血液中のコレステロールを低下させます。さらに野菜や海藻に含まれるビタミン・ミネラルは癌や動脈硬化を防ぎます。

3.魚料理を食べよう!

背の青い魚(サバやイワシ)に多いEPHやDHAは不飽和脂肪酸で、血液をサラサラにしてくれます。

4.脂質の取りすぎに注意!

魚以外の動物性脂質には飽和脂肪酸が多く含まれ、血液中のLDL(悪玉)コレステロールを上昇させる働きがあるので取りすぎに注意しましょう。 

5.塩分は控えめに!

外食や加工食品に含まれている塩分に注意し、食卓塩よりもミネラルバランスのとれた天然塩を取りましょう。

6.こまめに歩く習慣を!

ウォーキング等の有酸素運動はHDL(善玉)コレステロールを上げたり、インスリンの働きを良くするなどの効果があります。毎日こまめに身体を動かす生活を心がけましょう。

7.禁煙に努めましょう!

タバコは血圧を上昇させ、動脈硬化を促進します。また、肺がんだけでなく、胃潰瘍や気管支炎、喉頭がん胃がんなどを引き起こします。禁煙はHDL(善玉)コレステロールを上げる効果があります。気を紛らわす方法を見つけ,休煙のつもりでチャレンジしてみましょう。(禁煙外来をご希望の方はお気軽に外来看護師へ)

8.過度の飲酒は要注意!週に2日は休肝日を!

過度の飲酒は肝臓の機能を悪くするほか、中性脂肪を増やし、動脈硬化を助長します。週に2回の休肝日をつくり、適度な量を良質なたんぱく質をつまみにして、楽しみましょう。

9.ストレスをためないようにしましょう!

気分転換をはかりましょう。自分に余裕を持ち、趣味などを楽しみましょう。睡眠を十分取り、疲れた時は休みましょう。不安や問題を抱え込まないようにしましょう。

わからない事質問などありましたら、外来スタッフへいつでもご連絡ください。