法人概要 外来・入院のご案内 各部門のご案内 在宅介護・施設
各部門のご案内
診療
リンク 医局
リンク 薬剤課
リンク 栄養課
リンク 検査課
リンク 放射線課
リンク リハビリテーション課
リンク 地域連携課
看護
リンク 看護部
地域包括支援
リンク 地域包括支援課
リンク 訪問看護課

薬剤課

近年、医薬分業をはじめ医療情勢の変化に伴い、薬剤師の業務も多様化してきました。
当院の薬剤課には現在、薬剤師3名、薬剤助手2名が勤務しており、薬に関わる色々な業務を行っています。
ここでは、当薬剤課が行っている主な仕事を簡単にご紹介いたします。

調剤業務

調剤業務全自動錠剤分包機や散薬監査システムなど、ユヤマの調剤支援システムを導入しており、処方箋の内容について、禁忌・量・飲み方・飲み合わせなど確認して調剤を行なっています。また、飲み込みに問題のある患者さまや栄養チューブを使われている患者さまを対象に、薬剤を粉砕せずに溶かして投与する簡易懸濁法を導入し、より正確な調剤を行なっています。そのほか入院時には、それまで服用されている薬の確認(持参薬確認)を行い、それらの情報を医師・看護師へ提供しています。その際、必要に応じて院内の内規に従い再調剤も行っています。

注射薬調剤業務

注射処方箋の内容について、内服薬と同様、処方箋に問題がないかチェックを行い、個人別に注射薬をセットし、各病棟に払い出しを行っています。

製剤業務

医師からの依頼に基づき、軟膏の混合や消毒薬など、病院独自の薬品の調整を行っています。

病棟業務(薬剤管理指導業務)

入院中の患者さまに薬の説明を行っています。薬の説明を通して、その薬が正しく使用されているか、副作用はないかなどを確認し、また患者さまからのご質問にお答えするなど、薬に関する各種相談に対応しています。

薬品管理業務

薬品管理業務薬品の発注・納品、品質管理、病棟・外来の定数管理など、院内の流通量や在庫量を適正に管理しています。
また、医薬品が適正に使用されるように、医薬品安全使用のための業務手順書を作成し、病院内の全ての医薬品を管理しています。

当院の処方薬について

当院では後発医薬品(ジェネリック医薬品)を積極的に採用しています。ご不明な点がございましたら主治医又は薬剤師にお尋ねください。