法人概要 外来・入院のご案内 各部門のご案内 在宅介護・施設
各部門のご案内
診療
リンク 医局
リンク 薬剤課
リンク 栄養課
リンク 検査課
リンク 放射線課
リンク リハビリテーション課
 
リンク リハビリテーション課について
リンク リハビリ課のブログ
リンク 地域連携課
看護
リンク 看護部
地域包括支援
リンク 地域包括支援課
リンク 訪問看護課

リハビリテーション課について

回復期リハビリ病棟から在宅リハビリまで切れ目のないリハビリ提供を理念としております。

リハビリテーションとは

リハビリテーション(rehabilitation)とは、ラテン語で「re-(再び)、habilis(人間にふさわしい)」の状態にするという意味です。単に手足の機能回復などの部分的意味にとどまるものではなく、人間全体としての「人間らしく生きる権利の回復」を意味するものです。精神機能面の安定や在宅生活へ向けた支援、職場への復帰、趣味活動の再獲得なども含みます。

リハビリテーションは大きく分け3つの療法からなります。

理学療法(PT)

基本動作能力(座る、立つ、歩くなど)の回復や維持、および障害の悪化の予防を目的に、運動療法や物理療法(温熱、電気等の物理的手段を治療目的に利用するもの)などを用いて、自立した日常生活が送れるよう支援する医学的リハビリテーションの専門職です。

作業療法(OT)

今後生活していくための問題を的確に評価し、食事やトイレ動作などのADL(日常生活活動)訓練を行います。また、様々な作業活動をとおして役割の再獲得(仕事や家事動作など)や生きがい、やりがい作りに即した援助をいたします。生活に便利な自助具の作製や福祉用具の選定のお手伝いも行います。
当院の作業療法では手根管症候群、ばね指など手の病気に対しての機能訓練や装具の作製も行っています。

言語聴覚療法(ST)

「話す」「聞く」「読む」「書く」といった言語の機能や「記憶する」「注意を向ける」など、いわゆる高次脳機能に対する訓練を行い、コミュニケーションが円滑に取れるように援助いたします。また、「噛む」「飲み込む」などの嚥下訓練を行い、楽しく食事を召し上がっていただけるよう援助いたします。

当院で実施しているリハビリテーション

 当院では、「入院リハビリテーション」「通所リハビリテーション」「訪問リハビリテーション」の3本柱でリハビリサービスを提供しております。
 医療においては急性期医療から在宅医療まで、切れ目のない医療が重要とされておりますが、当院リハビリテーション課においても回復期から生活期まで切れ目のないリハビリ提供を理念としております。
 リハビリテーション課のスタッフは理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、柔道整復師、歯科衛生士のリハビリ専門スタッフに加え、看護介護福祉士、生活支援相談員など総勢73名(※1)により構成されており、質的にも量的にも十分なサービスを提供させて頂きます。
 
※1 平成30年4月現在の人数です。

入院リハビリテーション

当院における入院リハビリテーション

 当院には3つの病棟(一般病棟、障害者施設等一般病棟、回復期リハビリテーション病棟※2)があり、すべての病棟の患者さまに対してリハビリテーションを提供しています。 特に回復期リハビリテーション病棟に入院されている患者さまには、日曜、祝日もリハビリテーションを提供(365日リハ)しており、一日も早い心身機能の回復、社会への復帰を目指しています。

 当院の一般病棟では整形外科疾患の術後の方(回復期リハ病棟の対象とならない骨折や腱板損傷術後の方など)や肺炎の治療ために長期臥床を余儀なくされ日常生活動作が困難になってしまった方、心臓の病気(急性心筋梗塞や狭心症発作など)の方…様々な病気や怪我で苦しむ患者さまに対しリハビリテーションを提供し、一日も早い心身機能の回復、社会への復帰をお手伝いさせていただきます。リハビリテーションの必要性の高い患者さまには、日曜・祝日もリハビリテーションを実施します。

 当院では、心大血管疾患リハビリテーション、脳血管疾患等リハビリテーション、運動器リハビリテーション、呼吸器リハビリテーション、がん患者リハビリテーション料、の施設基準を取得しており、医師の指示のもと、患者さまの状態に合わせリハビリテーションを提供させていただきます。

※2 回復期リハビリテーション病棟とは、命の危機を脱してもまだ医学的・心理的サポートが必要な時期の患者さまに多くの医療専門職がチームを組んで集中的なリハビリテーションを実施し、心身ともに回復した状態で自宅や社会へ戻っていただくことを目的とした病棟です。

充実したリハビリテーション室

 当院では2009年10月にリハビリテーション室を増築致しました。広々とし、非常に明るい空間と充実したADL(日常生活活動)練習スペース、言語聴覚士が使用する個室4室などを完備したリハビリテーション室となっております。また、屋上では屋外歩行や応用歩行などを練習するスペースもあり、安全に安心して自宅復帰ができるようサポート致します。
リハ室内部全体 機能練習スペース
リハ室内部全体 機能練習スペース
ADL室 ST室個室
ADL室 ST室個室

通所リハビリテーション

通所リハビリテーションとは?

 理学療法士・作業療法士・言語聴覚士による専門的なリハビリテーションにより、加齢や病気によって不自由になった身体機能の向上、日常生活での支障の軽減、快適な在宅生活の維持を支援させて頂くことを目的とした日帰りのリハビリテーション施設です。

「西堀病院通所リハビリテーション」の特色

 多くの通所リハビリテーション(デイケア)は、朝、ご自宅へお迎えに行き、入浴や食事、レクリエーション、リハビリなどを行って、夕方帰宅するというスケジュールですが、当院ではリハビリを集中して行いたい方のために入浴や食事の提供を行わず、個別リハビリテーションを主体とする「リハビリ特化型の短時間通所リハビリ」を展開しております。
 男性に人気の高いマシーンも6機種設置しております。体験は無料ですので、興味のある方はお問い合わせください。

リンク 通所リハビリテーションについての詳細ページはこちら

訪問リハビリテーション

訪問リハビリテーションとは?

 訪問リハビリテーションでは、通院・通所が困難な方に対し、リハビリテーション専門職がご自宅へ訪問しリハビリテーションを行います。身体機能の維持・向上だけでなく、住み慣れたご自宅で末永く生活することができるように歩行やトイレ動作、入浴動作等の生活に直結した練習を行います。また、ご家族に対する介助方法の提案や住宅改修・福祉用具についてのアドバイス等も必要に応じて行います。

リンク 訪問リハビリテーションについての詳細ページはこちら

当院のセラピスト出身養成校一覧

大学

弘前医療福祉大学、弘前大学、北海道医療大学、北海道文教大学

専門学校

上尾中央医療専門学校、郡山健康科学専門学校、札幌医療リハビリ専門学校、札幌医学技術福祉歯科専門学校、札幌リハビリテーション専門学校、滋賀医療技術専門学校、仙台医療福祉専門学校、専門学校 日本福祉リハビリテーション学院、専門学校 北海道リハビリテーション大学校、東京衛生学園専門学校、北都保健福祉専門学校、北海道千歳リハビリテーション学院
(50音順)

臨床実習受け入れ養成校一覧

大学

弘前医療福祉大学、弘前大学、北海道医療大学、北海道文教大学

専門学校

郡山健康科学専門学校、札幌医学技術福祉歯科、札幌医療リハビリ専門学校、札幌リハビリテーション専門学校、仙台医療福祉専門学校、専門学校 日本福祉リハビリテーション学院、専門学校 北海道リハビリテーション大学校、東北メディカル学院、北都保健福祉専門学校、北海道千歳リハビリテーション学院
(50音順)